BeautyPlus_20210104123214338_save



少し前のお話。
なんだかときめく変態に出会ったときの話よ。



ドアを開けた瞬間全裸に正座でお出迎えしてくれた変態。
やだノリノリじゃないって思いきや、どことなく恥ずかしそう。

うふふ、そういう雰囲気出されると蘭はね、余計にいじめてみたくなるの。

ねぇもっと蘭にお顔見せて。
あらでもやっぱり恥ずかしそう。
なら表情は一旦お預け。
ちょっとずつ美味しい所は味わうの。
あとでたっぷり堪能するためにね。


女子高生のコスプレに着替えた蘭はどうかしら?
着替えてるときから貴女の息がハァハァって蘭の耳にまで聞こえてたわよ。
そしてちんぽ。
ずっとガチガチに勃起きてるじゃない。
足で踏んでも収まらない。靴下越しに熱が伝わってくるわ。

BeautyPlus_20210104123110606_save


蘭の目の前で情けなくオナニーショーを始める変態。
いい格好ね。興奮してるでしょ。
私にまで伝わってくるわ。

オナニーだけじゃ足りないんじゃない?
ショーを頑張ったごほうびに蘭の匂いを覚えさせてあげる。
忘れたら駄目よ。
私の匂いもこの日の調教も…。


トイレまで首輪を着けてお散歩。
ねぇここまで来たのなんでか分かるわよね。
蘭のおトイレがしたいの。
もちろん、貴方が受け止めてくれるんでしょ?
そのために首輪着けて連れて来たんだもの。

変態奴隷は頑張って便器までしてくれたわ。
でもまだまだね。こぼしちゃってたもの。
お掃除はなかなか上手だったんじゃないかしら。
もっと一緒に遊んだら便器も上手になれるかしらね…楽しみね。


最後は自分で扱きながらセルフ顔射。
見てて欲しいんですって、蘭に。
お尻をぐっと突き上げて、また息を荒げながらシコッてる情けないところを。

イっちゃう、イっちゃう、て何度も出る言葉と表情とてもいいわ。
身体全体で感じて気持ちよくなっちゃって。

勢いよく射精してたわ。
あれだけ興奮してたからね。
お口にも入っちゃってるわよ、うふふ。

興奮でハイになってる姿、良かったわ。

またたっぷり身体で遊ばせてね。